×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

有馬温泉とは?

有馬温泉は、大阪から約1時間、神戸から約30分とアクセスも非常によく、都会から身近なところで日本三古湯のひとつである.
あの豊臣秀吉も愛したという温泉を味わうことができます。
有馬温泉のロケーションは、兵庫県は神戸市北区で、瀬戸内海国立公園区域に隣接しており、温泉だけでなく四季折々の紅葉や、自然豊かな景観を楽しむことができます。
関西の奥座敷といわれるこの温泉地は、古くから多くの人が訪れる身近に温泉と自然を味わえる癒しの場所ともなっています。関西からなら旅館に泊まらなくても日帰りで温泉ツアーが楽しめますね。
また、有馬温泉の泉質は優れたものがあり、環境省が療養泉として指定している主な成分は9つあります。
それは、二酸化炭素泉、単純性温泉、硫酸塩泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉、含鉄泉、酸性泉、硫黄泉、放射能泉ですが、そのうちの酸性泉と硫黄泉を除く7つの成分が、有馬温泉の温泉には含まれているという世界に類をみない多くの成分を含む素晴らしい泉質です。
その特徴も、含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉の金泉、二酸化炭素泉(炭酸泉)の銀泉、放射能泉(ラドン泉)の銀線と呼ばれるものがあり、それぞれ冷え性に効果大、感染症皮膚疾患などの皮膚疾患やアレルギー性のものに殺菌効果、高血圧症や、機能性心疾患、食欲増進、自然治癒力をたかめるなどという効果が高く、術後のリハビリテーションにも大変よいとされています。
このように効能も多い、有馬温泉にぜひ家族で、カップルで友人同士で遊びに行ってはどうでしょうか。

有馬温泉の金泉・銀泉の効能

有馬温泉には、有馬温泉旅館協同組合の登録商標ともなっている、金泉(きんせん)、銀泉(ぎんせん)という呼び方があります。
この名称のイメージだけでも何か宝の温泉のような感じですが、そのイメージどおり、有馬温泉の泉質には優れた効用があります。
金泉は塩分と鉄分を多く含み、地中で温められた炭酸ガスの圧力がエネルギーとなっており、少しとろみがあります。
含鉄強食塩泉ですので、湧き出し口では透明となっていても空気に触れる色が変わり褐色がかります。
それも金泉と呼ばれるゆえんでしょう。
また、銀泉は、ラドン泉と炭酸泉があり、こちらは空気にふれても透明のままでさらっとしております。
無色無臭です。この金泉と銀泉を交互に入るとこにより、相乗効果があると言われていますので、有馬温泉に行ったらぜひためしてみたいですね。
この二つの泉質のお湯をの違いを楽しめるのはちょっと贅沢かもしれません。
効能は、主に皮膚疾患、アレルギー、また、内臓疾患など新陳代謝を活発にし、食欲を増進させ、皮膚のなめらかさも変わります。
日帰り入浴なら気軽にくつろぎに行く事ができます。日帰りでなくてもゆっくり旅館に泊まったり、足湯だけでもくつろげます。日頃の疲れを有馬温泉でゆっくりとりませんか。

有馬温泉にバス・車で日帰り観光

有馬温泉は、太閤秀吉も愛した風光明媚な自然あふれる由緒ある温泉地ですが、なんと神戸や大阪の中心地からもアクセスしやすい環境にあります。
大阪からは1時間ほど、神戸からだと約30分ほどで、都会の喧騒から自然に囲まれた温泉地に到着することができますので、気軽に温泉地へ足をのばして心身ともにリラックスするには最高の交通の便ですね。
日帰りプランなんかも立てやすいです。
まず、神戸方面からが一番近い入り方ですので、阪神電車、阪急電車、山陽電車で、新開地駅まで行き、神戸電鉄に乗り換えます。
そして有馬温泉駅で下車して、そこから温泉街はすぐです。
また、三宮駅や新神戸駅から地下鉄利用で谷上駅で神戸電鉄に乗り換える方法もありますし、JR三田から神戸電鉄を利用する手もありますね。
大阪から高速バス利用の場合は、梅田阪急三番街から阪急の高速バスがでています。三宮バスターミナルからは、4番乗り場から神姫バス、阪急バスの路線バスも出ていますので便利です。
神戸や六甲で観光してから有馬温泉の温泉地へ向かうのも、遊び疲れを吹き飛ばし、自然の中でチャージできて一石二鳥となること請け合いです。
じゃらんなどでも多く取り上げられている観光スポットです。気になる宿も【竹取亭円山】や【旅館やまと】、他にも【兵衛向陽閣】や【古泉閣】【月光園 】などなど食事の人気のホテル、旅館が多くありますので、一度しらべて見ることをおすすめします。格安で行けるプランもあるかもしれませんし、口コミ情報も多く紹介されています。

Copyright © 2008 有馬温泉・観光 特集